生前準備の限界

いくら万全の生前準備を整えていても、それがあまりにも独りよがりのものだったら、周りの人は驚くことでしょう。

「まったく最後まで勝手な人だ」と思われてしまうかもしれません。

相続やお墓やお葬式に関して、生前から準備をしておくことは立派なことですが、それが独りよがりになってはなりません。

万全な準備を整えていても、自分が亡くなった後にそれをやってくれるのは、残された周りの誰かなのですから。

出来れば家族と相談をしながら、準備をしたいですね。

「自分が亡くなった後は、もう自分では何もできないのだ」という当たり前のことに気付くと、周りの人との人間関係を見つめなおして、自分の残った人生をどう生きるのか考え直すこともあるでしょう。

終活というのは、残りの人生をより良く出来るきっかけになります。

 

http://www.souzoku-st.jp/