あなたの借金はいくら?

 

週刊誌の広告、タブロイド紙、街中に見られる広告やDMなどで、「多重債務の整理手伝います」「多重負債を統合したいと思ったら」といった惹句を目に入れることがよくあります。

 

こういったものは、「整頓屋」「買取業者」「紹介業者」と呼ばれる悪徳業者のだまし広告の場合もあったりします。

 

そういったものを頼んだ際には破産手続きの中で最も大切な免責決定を得られない危険もあります。

 

「整理人」では広告などで負債者を集めすさまじい費用を受けて借金整理をしますけれど、本当は負債整理はなされず、さらなる借金地獄に陥ってしまう失敗がすべてと考えてください。

 

「買取専門屋」の場合は、借金者のカードで電気製品、何らかの券を購入させ負債人からそういった品物を値段の20%あるいは40%で受け取るという手法です。

 

依頼者は一時的にはキャッシュが手に入りますが、まもなくクレジット企業からの商品の定額の返済請求が届くことになり、実際のところ債務額を悪化させることになります。

 

クレジットカード企業への犯罪行為ということになり免責がもらえません。

 

「紹介業者」は金融業者から断られる借金人について直接の貸出はしないで、融通をしてくれる異なる会社を教え、すさまじい費用を出させる会社です。

 

紹介者は自らの経由で資金提供可能となったかのように報告しますが、現実は何もしないで、単に調査の通りやすいサービスを伝えているということなのです。

 

このケースだと結局のところ借金を悪化させる結果に終わります。

借金 きつい