2015年1月

英語でよい教材というものはなかなかない

英語でよい教材というものはなかなかない

(公開: 2015年1月18日 (日))

英語でよい教材というものを探しているのですが

なかなかないなと思うところがあります。

そして良い教材であると思ってもそれは

結構高かったりするのです。英語はもはや

ビジネスマンとって有望なスキルというより

必要最低限のスキルに変わりつつあります。英語能力が

低いと出世できないというような世の中になりつつあるのです。

だからといって日本で英語を学ぶとなるとそのハードルは

かなり高いのが現実なんですよね。アジア諸国であれば

そもそも昔から欧米人がやってきていたり、観光客が

いたりして、英語を話さなければ商売ができない状況というのが

つくられていたことがあり、自然と英語が話せるようになっていた、

英語が勉強しやすい環境であったということがいえると

思います。

ただ、日本においては、ほぼ全てのものごとが日本語で

解決してしまう環境にあるため、日常的に英語を使う必要が

なく、本当に勉強しづらいところがあるのです。

勉強しづらいから勉強できる教材には価値があり高くなってしまう。

これはやむを得ないものとして受け入れて頑張ってみるしか

ないのかもしれません。

ころころ歯ブラシの口コミ・評判


英語は子供にも人気の習い事

英語は子供にも人気の習い事

(公開: 2015年1月 4日 (日))

最近、子供の習い事の中でも、英語を習っているお子さんを、

たくさん耳にします。

早い子は、なんと1歳から。

幼児でも習うことが出来るのが、いい点なんだと思います。

比較的、小学生になるまでの幼児の場合、歌って踊って

楽しく学べる英会話中心の教室に習われてる方が多いです。

小学生位になると、ライティングも取り入れたい方も多く、

習っている英会話教室で、お月謝も上乗せになりますが、

追加で授業されている教室が多数。

英会話ではなく、ライティング中心の教室もあったりします。

いずれ、学校での英語教育に困らないように、

そちらの方に力を入れてる、お子さんもちらほら。

英語はやはり語学ですので、どれだけの時間数を費やしたかにも

大きく反映されると思います。

だからといって、すごく小さな時からというわけでもなく、

家庭でどれだけ、学習したかが大事なポイント。

特別なバイリンガルとまでいかなくても、

いまや英語は大人気の習い事の一つになっているみたいです。

きらりのおめぐ実 効果・口コミ・評判